セカフザで夢を叶える

実は、「世界一ふざけた夢の叶え方」がもう一つあるというのはご存知でしょうか?

その名も、「実践!世界一ふざけた夢の叶え方」!
通称「実践セカフザ」。

2016年12月7日にフォレスト出版から発売されています。

 

前作と同様に、柳田厚志さんと、ひすいこたろうさんと、菅野一勢さんが共同で書いています。

”実践”と題名にあるように、今回は書き込み式ワークもついているので、
叶えたい夢や目標がある人にとってさらに役立つ一冊となっています。

 

実践セカフザでは、「予祝」がテーマになっています。
予祝、つまり「夢がかなった!」ということを前もってお祝いしてしまおうという斬新な発想です。
まさか考え付きもしません。
しかし、前祝いの効果は抜群みたいです!

 

柳田厚志さんたちが教えてくれる「夢の叶え方」。
セカフザ、実践セカフザに影響を受けた読者たちが集まる場所があります。
Facebookですが、『セカフザ』で夢を叶えよう!というページがあります。
周りに自分と同じように目標に向かっている人がいれば、それがやる気に繋がります。
ここでは、そうした仲間たちの存在を意識できるので、フォローするといいかもしれませんね。

 

また、最高のライフスタイルを実現するためのヒントや最新情報を見ることが出来る「SEKA FUZA」という、webマガジンもあります。

SEKA FUZAは、「世界一ふざけた夢の叶え方」の著者の一人である柳田厚志さんが運営しています。

 

SEKA FUZA内には、ブログや動画が載せてあり、自分の人生がプラスに向かうためのヒントが分かりやすく読めるので、まだ見たことのない人はぜひ見てみてください。
自分の理想のライフスタイルを実現するために、物事をプラスに考える力を養ったり、メンタル、マインド部分での変化も大切になってきます。
どこをどういう風に変えていけばいいのかの指標ともなるのでお勧めです。

 

 

※参考までに、「実践!世界一ふざけた夢の叶え方」の目次を載せておきます。

 

目次

プロローグ 世界最速で夢が叶う「実験」
第00幕 The Dream Note,Note come true!
夢をノートに描き、「お前ならできる!」と励まし合ったことから伝説は始まった。
ROAD01「セカフザ伝説」おさらいパート1
ROAD02「セカフザ伝説」おらさいパート2

第01幕 夢はラストシーンから「祝う」
古代日本人の夢の叶え方「予祝」のススメ。
ROAD03 古代日本人の夢の引き寄せ法「予祝のススメ」
ROAD04 世界一ふざけた夢を宣言してしまおう!
ROAD05 何のために働くのか?何のために生きるのか?
ROAD FOR REST 01 世界初のセカフザ婚!

第02幕 夢は逆算で叶える!
ロールモデルを見つけ、未来のヴィジョンを受け取り、最高のライフスタイルを描こう。
ROAD06 「叶える」ではなく、「叶ってしまう」夢の描き方
ROAD07 あなたが憧れるロールモデルは誰?
ROAD08 ロールモデルの「履歴」こそ宝地図
ROAD09 自分の「種」の中身を知る
ROAD10 10年後の自分を想像できる?
ROAD11 夢を叶える「逆転の法則」
ROAD FOR REST 02 菅野伝説。「今日が一番若い日」

第3幕 ノーアタック ノーチャンス。 
アクションだけが人生だ!
ROAD12 この星は行動しないと何も起こらない
ROAD13 得意+ワクワク=「最強」方程式
ROAD14 「惚れる」は革命の始まり
ROAD15 夢は確率論。数うちゃ夢も当たる!
ROAD FOR REST 03 セカフザ・ファミリー。セカフザを家族でやろう!

第4幕 新しい自分になれる最終兵器
世界一理にかなった夢の叶え方
ROAD16 最終兵器「ツイてるマインド」
ROAD17 「内なる叡智」につながる言霊メソッド「まなゆい」
ROAD18 ピンチこそ「何のチャンスだ?」と問う
ROAD19  世界一理にかなった夢の叶え方
ROAD20 「ジョハリの窓」で岩戸開き。新しい自分の見つけ方
ROAD21 「どうありたいか」を描けば仕事は与えられる
ROAD FOR REST 04 大富豪・斎藤一人さんに出会う冒険
ROAD FOR REST 05 あの世に聞いた、世界一怪しい夢の叶え方!?

終幕 3人からのラストメッセージ
あなたのほんとうの冒険はこれから始まる。
ROAD22 ツイてる!ツイてる!!ツイてる!!!
ROAD23 それでも夢が見つからない人へ
ROAD24 僕らに奇跡が起きた2つの理由

 

柳田厚志さんの本

柳田厚志さんがひすいこたろうさんや菅野一勢さんと一緒に出した本、

「世界一ふざけた夢の叶え方」。

 

※以前紹介した事もあります。詳しくはこちら

 

自分が抱える夢や目標を仲間と共有して、お互いに「あなたならできる!」と励まし合って、実際に叶えたという柳田厚志さんたちのエピソードが書かれています。

世の中にたくさんある成功本やノウハウ本とは違い、
堅苦しい文章ではないので、気軽に読むことができてどんどん読み進めてしまいます。

そして読み終わった後には、「自分もやってやろう!」と、なんだかやる気が溢れてきます。

 

この本を特にお勧めしたいのは、

・今何かやりたい事がある
・今何か取り組んでいることがあるけど少し行き詰っている

というような人です。

 

自分の理想とするライフスタイルを実現する為には、もちろん仲間と夢や目標を共有して励まし合うだけでは足りないです。

柳田厚志さんやひすいこたろうさん、菅野一勢さんだって、そこに至るには、見えない努力がたくさんあったはずです。

 

・・・でも、「頑張らなきゃ」と頭ではわかっていても、体や頭がこわばってうまく力が入らないこと、ありますよね。

「頑張り続ける」ことも、なかなか難しい時があります。

一人では思うようにいかなくて心が折れそうになることは誰だってあると思います。

自分の中だけで不完全燃焼させているのではなく、誰かに話を聞いてもらえるだけで自然と頭の中が整理されてやる気に再びスイッチが入る事もあるし、
理想の人が書いた本や、理想の世界が描かれた本を読んで、スイッチが入る事もあります。

 

今何かやりたい事がある人や、実際やっているけど行き詰まりを感じている人には特に、「もっと気楽に、楽しく」取り組んで欲しいと思うので、改めて紹介させてもらいました。

 

ちなみに、本の内容は下記のとおりです。
ちょっとでも興味がありそうな見出しはあるでしょうか?

 

[目次]
プロローグ 夢へワープする方法

第1幕 夢は仲間と一緒に、紙に描くと叶う!
~出会い、仲間、夢、そして冒険へ~
ROAD1 「Note come true!」夢は紙に書くと叶う!
ROAD2 ライバルこそ夢の特効薬
ROAD3 人生の宝物はドン底に落ちている!
ROAD4 「ツイてる人」とは、ツイてると言っている人である
ROAD5 共鳴現象で、夢へワープする!
ROAD6 伝説の地下室での出逢い
ROAD7 一生お金に困らない金運神社

第2幕 人生はできる、できないじゃない。やるか、やらないか
~仕事、経験、マインド、そして夢の階段へ~
ROAD8 最初は100点より3点がいい
ROAD9 LOVE×1800=天才
ROAD10 3年で辞めます。だから働かせてください
ROAD11 花よりも花を咲かせる土になれ
ROAD12 何も考えない独立。でも神様はちゃんと見てる
ROAD13 ダメダメな探偵時代
ROAD14 ビジネスこそ、究極の遊びだ

第3幕 未来は変えられる!
~成長、夢実現、そして僕らのライフスタイルへ~
ROAD15 起業して加速度的に成功する秘訣
ROAD16 自分の経験がお金になる!?
ROAD17 年収1億円を突破!
ROAD18 100億円企業「インフォトップ」創業秘話
ROAD19 ダシが取れる条件

第4幕 夢はワープする!
~そしてカッコいい大人へ~
ROAD20 夢へワープする方法
ROAD21 自分を許せるようになると人を許せる
ROAD22 「ツイてる! 」という口癖から人生の快進撃は始まる
ROAD23 人は「自分と同じもの」を引き寄せる
ROAD24 幸せは日常のなかにある!

LAST ROAD 世界一カッコいい大人になろう!!
「世界一ふざけた夢の叶え方」7ステップ

世界一ふざけた夢の叶え方

略称、「セカフザ」。

「世界一ふざけた夢の叶え方」というのは、
ベストセラー作家の夢を叶えた「ひすいこたろう」さんと、
年収1億という夢を叶えた「菅野一勢」さんと、
サーフィンをしながら自由に仕事をする夢を叶えた「柳田厚志」さんの3人が著者となって、
「世界一カンタン」で「世界一楽しい」夢の叶え方をつづった本のことです。

 

この3人が夢を叶える前はどんな姿だったか想像できますか?

ひすいこたろうさんは、赤面症の営業職サラリーマン。
菅野一勢さんは、”フロムA”を眺めるプータロー。
柳田厚志さんは、出版社で勤務する平社員。

そんなどこにでもいるような「普通」の人だった3人が、
たったの1年で豹変します。

ひすいこたろうさんは「3秒でハッピーになる名言セラピー」という本がベストセラーになり、
菅野一勢さんはほんとうに100億稼ぎ、
柳田厚志さんは勤務先の出版社の新設部署の売り上げを10倍の3億円に引き上げ、史上最年少で部長に就任。

もちろんこの3人の成功はこれで終わりではありません。

ひすいこたろうさんはシリーズで60万部を超えるベストセラーに、
菅野一勢さんは100億円企業のオーナーとなり、今はシンガポールに移住し子育てセミリタイアを満喫中、
そして柳田厚志さんは、敏腕プロデューサーとしてネット界の影の仕掛け人になり、湘南の海まで数分の立地に一軒家を購入し、波がある日はいつでもサーフィンが出来るライフスタイルを手に入れました。

 

「世界一ふざけた夢の叶え方」

この本には、よくある成功本やノウハウ本とは大きく違う点があります。
それは、「一人ではないこと」です。

彼らが教えてくれるのは、「仲間」の大切さです。

本のプロローグ部分に、こんな言葉があります。

「一人で夢を叶えようとしたら、10年かかるかもしれない。
でも、仲間とともに進めば、10年を1年で行ける!」

実際に彼らが1年で夢を叶える事ができたのは、短所を補い合い長所を活かし合える仲間がいたからです。

どんなに無謀と思えるような夢でも、子供の頃のように純粋にワクワクとした気持ちで語り合い、励まし合える「仲間」がいれば、
その夢はほとんど叶うんだと、この本を読むと思えてきます。

 

私の友人も、幼いころに語っていた夢を実際に叶えています。
この本を読む前は、ただその友人が強い意志を持っていたのだなとしか思えなかったけれど、
きっとそれだけではなく周りには一緒に夢を語り高め合える仲間がいたから
ブレることなく意思を貫くことが出来たんだな、と
その周りの環境にまで考えが及ぶようになりました。

 

年齢を重ねるごとにいろんなものに流されて、飲み込んで、
夢を語ることが恥ずかしく思えてしまうけれど、
夢を語ることは忘れたくないなと改めて気付かされます。
そして可能性が大いにあるという事も。

 

今、周りに夢を語れる誰かがいるとしたら、
人生においての最高の「財産」を持っていると自信を持ってください。

また、自分の中にくすぶっている何かがある人も、
世界一ふざけた夢の叶え方」を読んで、ワクワク感を共有しましょう。

すごく読みやすい本なので、活字が苦手な人でも文章に引き込まれると思います!