たまには休息を

新年度が始まり、なにかとバタバタとしていませんか?

 

自分が新人の立場なら、新しく覚える人、場所、仕事などで

毎日へとへとだと思います。

その新人を教育する立場なら、一人でやれば早く終わる仕事も

倍ほどの時間をかけてこなさなければならない、

同じことを何度も繰り返し教えなくてはならない、など

気を遣いながらの毎日にストレスが増えてしまっているかもしれません。

 

このように忙しく疲れた中にやっと訪れた休日には何をしますか?

 

何もかも忘れてぱーっと遊びに出かけたり、

何もせずゴロゴロと寝続けたり、

人によってストレス発散の方法は色々だと思います。

 

私の場合は、とにかく外出をして気分を変えるようにしています。

 

今回は、ストレスを取り除き心を落ち着かせるおすすめの方法を

紹介したいと思います。

 

かの有名なビルゲイツやスティーブジョブズもやっていたというものです。

 

それは「メディテーション」。

 

「メディテーション」と聞いてすぐわかる人はすごいですね。

メディテーションというのは、「瞑想」のことです。

 

瞑想、と言われると急に宗教的なイメージを持ってしまうかもしれません。

でも、これは医学や心理学でも認められているものなのです。

瞑想をすることで、脳の前頭前野を刺激して頭の中がはっきりすっきりします。

 

瞑想のやり方はというと、静かに床に座り、深く呼吸をして、何も考えずに

呼吸をしていることに意識を集中させます。

時間にして1日に5分~10分でも十分です。

ただこれだけのことか、と簡単そうに思えるかもしれませんが、意外と難しいんです。

私は大学時代に授業で経験したり、任天堂のゲーム機のWiiでやったことがあります。

呼吸に集中しているつもりでも、意外と出来ていないと判定されていました。

 

普段頭をフル回転させながら生活している分、

何も考えずに頭のなかをリフレッシュすることが

いかに大切かが分かると思います。

 

毎日できればいいですが、できないときは休日にでも

たまには頭にも休息を与えてあげましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です