人生は出逢い

柳田厚志さんが代表を務める株式会社cheers(チアーズ)の公式ホームページにある言葉。

「人生は出逢い」

私はこの言葉がとても好きです。

 

生まれてから死ぬまでの間、人は様々なモノや人に出会います。

 

そうはいっても地球上全ての人に出会うことはほとんど不可能で、

だからこそ、人生の中で出会えた人を大切にしたいと思うわけです。

 

人との出会いには、良いものもあれば悪いものもあると思います。

 

今回は、一生ものの出会いを見逃さないように、

どんな人が自分に必要かを考えてみたいと思います。

 

まずは、なんといっても、自分が悲しんだり苦しんだ時に寄り添ってくれる人。

それは家族だったり、友人だったり、先生だったり、会社の同僚だったりするかもしれません。

辛い状況にいる時に、寄り添い励ましてくれる人がいてくれるだけで大きな力となります。

 

次に、自分の欠点を指摘して注意してくれる人。

誰だって欠点をつつかれるのは嫌なものです。

でも、その嫌なことを、”あえてしてくれる”のは、自分を大切に思ってくれているからこそです。

どうでもいい人には何も言いません。

欠点をつつかれて怒るのではなく、冷静に受け止めるよう努力をするべきです。

 

そして、理想の人、ロールモデル。

誰かに憧れることは大きなエネルギーを生みます。

こうなりたいという目標が、いろいろな行動を起こさせます。

理想の人を見つけられたらとてもラッキーです。

 

 

人は一人では生きていけません。

いつも「誰か」と関わって生きています。

 

その「誰か」を、自分で選りすぐって、

”自分の人生をよりいいものへと導いてくれる人”

と末永くお付き合いできたらいいですね。

 

そして、自分自身が「誰か」にとってそうあるように、

辛い時に寄り添い、欠点を恐れず指摘し、

友好な人間関係を築いていきたいと思います。

 

「人生は出逢い」

 

いつも心を開いて出会いのチャンスを逃さないように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です