バカになる

今日、ホリエモンの愛称でお馴染みの、実業家堀江貴文さんの記事を読みました。

堀江さん曰く、成功している自営業社長はみんなある意味バカであるそうです。

儲かっている経営者、成功している経営者と聞くと、私たちはどうしても

その経営者は特別な才能があったり、頭が良かったりするのかなと思ってしまいます。

でも、実際のところは、才能や知識で成功しているのではなく、

リスクや失敗を恐れず何度でもチャレンジを仕掛けることができるから

結果成功することができる、ということでした。

 

確かに会社勤めをしていると、大学を卒業しているなどある程度頭がいい人が集まっていると思います。

特に大手企業で正社員となると、有名な大学を卒業している人が多いですね。

一般的に優秀といわれて、ある程度安定した生活を送ることができますが、

会社に縛られている分、リスクのある思い切ったチャレンジができないこともままあると思います。

それどころか、会社の中で上司の顔色を窺った行動をしたり、足の引っ張りあいをしたり

小手先の知恵しか働かせることができない人もいたりします。

集団生活をしていると、空気を読んだり、誰かの意見に従ったりすることはある程度必要になってきます。

しかし、成功している自営業社長などは周りの空気や意見なんか気にせず、

図々しいほどに自分が前に出ていく傾向にあるそうです。

 

堀江さんの記事の中で、

「中途半端に小利口なせいで、人生の楽しみが目に入らず、「会社にしか生きる場所がない」などと追いつめられるぐらいなら、バカになって、どんどんいろんなことにチャレンジしてみるべきだ。自分の好きなことをやる覚悟があればいい。協調性なんか無視して、やりたいことを好きなようにやっていく。それだけで十分だ。」

という文がありました。

堀江さん自身が、本当に大事なもののために他のことを遠慮なく捨てることができ、

自分の意志で自由に生きていくスタイルを取っているそうです。

会社勤めをしている人の凝り固まった価値観からいうと、そんなスタイルはバカにうつるのかもしれません。

それでも、堀江さんはそんなスタイルで生きづらさを感じることはないそうです。

 

日本には、いい大学を出ていい企業に就職して、周りの空気を読んで行動することが良いことだ、というような風潮があります。

学校でも、協調性の大切さなどを学びます。

でも、そうすることで「自分自身」が生きづらく楽しめないのなら、

バカになって、空気を読まず、自分を優先させることをもっと考えてあげる必要があるのかもしれません。

誰だってマイノリティになるのは勇気が必要だと思います。

それは今の社会が「個人」を優先することをよしとしないからです。

これからの時代には、「個人」を優先しても、マイノリティにはならないような、

もっと自由な社会になってほしいと切に願います。

 

 

 

 

7月になりました

いつもなら7月上旬はまだ梅雨でジメジメとしている様な気がしますが、

今年は空梅雨ですね。

雨が少なく、暑い毎日です。

休みの日に長時間外へ出ていたら、すぐに汗が噴き出して

夜には体がだるおも~っとなっています。

身体の衰えを感じてしまいますね。

 

新しい月が始まったので、びしっと気持ちを切り替えたいものです。

毎日を惰性に過ごしていたらあっという間に1日、1週間、1ヶ月、1年が終わってしまう気がします。

常に日付や季節を意識するようにして、「今日」をきちんと過ごすようにしましょう。

一生は「今日」の連続、積み重ねですからね。

自分の意識次第で、毎日に刺激を与えることができるはずです。

今日1日をどう過ごしたいか、それを考えることは、理想のライフスタイルを送る上でも

大切な習慣になりそうです。

 

生きた軌跡

ニュースで知っている人も多いと思いますが、

フリーアナウンサーの小林麻央さんが34歳という若さで亡くなりました。

乳がんを患って、ブログで赤裸々に闘病生活を綴っていて、

私も何度かブログを拝見したことがありました。

 

全く面識がないのに、訃報を聞いてとてもショックを受けました。

 

幼い子供を残して先立たねばいけなかったこと、

愛する家族と離れねばならなくなったこと、

いろんなことに思いを馳せてしまいます。

 

彼女の最期の言葉が「愛している」という言葉だったという報道を聞き、

なんとすごい人なんだろうと思いました。

 

また、一連の報道の中でイギリスBBCの「人の心を動かす女性100人」に選ばれた際、

「人の死は、病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません。例えば、私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。『まだ34歳の若さで、可哀想に』『小さな子供を残して、可哀想に』でしょうか??私は、そんなふうには思われたくありません。なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです。だから、与えられた時間を、病気の色だけに支配されることは、やめました」

と寄稿したというエピソードを聞いた時、

今まさに「なんて可哀想に」と思っていた自分がいたけれど、

彼女が、壮絶だっただろうけど、生きることに真摯に向き合って

素晴らしい生涯を送られたことを心から称えようと考えを改めました。

 

彼女が母として女性として美しく強く生きた軌跡は、

多くの人の中に残るのだなと思いました。

 

 

自分の生きた軌跡を、そんなふうに誰かの中に残すことができたら幸せに思います。

「生きること」と「愛」についてとても考えさせられたニュースでした。

 

 

心からお悔やみ申し上げます。

 

 

 

 

疑似体験

今日は、以前の投稿で提案していた

「理想のライフスタイルの疑似体験」

について書きたいと思います。

 

せっかくのGW、ただ過ごすだけではもったいないので

理想のライフスタイルの疑似体験をしてみてはどうか、と

書いていましたが、実際にやってみた方はいらっしゃるでしょうか?

 

私はやってみました!

 

具体的にどんなことを、と聞かれると、

「お金を気にして我慢しない」

ということを実践してみました。

 

普段は、

「これ食べてみたいな」

「これ欲しいな」

「ここ行ってみたいな」

と思っても、すぐに

「・・・でもお金が(もったい)ないからやめておこう」

となってしまう我が家。

将来の為にはある程度節約し、なるべく貯金をしていくことは大切なのでしょうが、

はっきり言って、楽しくないんです。

なんでもかんでも我慢、我慢、我慢…

ちょっとしたご褒美や贅沢をしたら、

また明日を頑張る活力になりますよね。

 

私はどちらかというと、我慢が好きではありません。

もちろん大きな金額のものだったら我慢できますが、

数百円、数千円だったら、「よし、買ってみよう」

と思ってしまうのです。

 

なので、このGWの3日間ほどは

「お金を気にして我慢しない」

というルールで生きてみました。

私にとって理想の生活です!

たったの3日でしたが…

 

その結果、普段は口を酸っぱくして節約・節制と言ってくるパートナーも、

家族みんなが楽しくて穏やかな日を過ごすことができました。

 

誰だって我慢することは好きではないですよね。

 

私はただ贅沢をしたいのではなくて、

お金を気にするあまり、大切な思い出を作ったり貴重な体験をする機会を

逃してしまうのが嫌なんです。

 

世の中はそんなに公平には出来ていないので、

お金がないと体験できないことがいっぱいあります。

それを家族や自分が望んだ時に、

快く「いいよ」と言える環境にいたい。

 

改めてその思いを強くしました。

 

柳田厚志さんが理想のライフスタイルを実現させたように、

強く思い続けることは、理想のライフスタイルを手に入れるために不可欠です。

疑似体験を通して、自分の理想を再確認することが出来たので、

その実現に向けて今後も努力をしていかないといけないな、と思いました。

 

自分の理想のライフスタイルに自信が持てない人は

出来るタイミングでぜひ疑似体験をしてみるといいですよ。

 

 

 

終わり良ければ総て良し

GWの連休明けの1週間、いつもの倍長く感じました。

そしてこの土日はあっという間に終わってしまいました。

 

同じ24時間、1週間のはずなのに、不思議なものですね。

 

私は月曜から金曜まで仕事へ行き、土日が休み、という普通の生活を送っていますが、

常に心掛けているのは、土日をいい気分で過ごすこと、です。

 

月曜が始まりとすれば、日曜日は終わりです。

そして次の月曜は再スタートをきる、という流れで生きているので、

土日でなにか嫌なことがあると、再スタートが上手くきれなくなってしまうのです。

なので、土日は楽しめる様に工夫をしています。

もちろん毎回旅行に行く、なんて出来ないので、

好きなお店でご飯を食べる、などのささやかな幸せをかみしめていますが。

 

 

もちろん1週間という長めのスパンだけでなく、1日の中でも同じことが言えると思います。

 

夜眠る前にどんな気分で眠れるかによって、次の日起きたときの気分が多少なりとも左右されませんか?

 

毎日をいい気分で過ごすために、眠る前のほんの少しの時間を

自分の好きなことに使ってみてください。

 

本が好きなら読書の時間、

音楽が好きなら好きな曲を聴きながらお茶を飲み、

ただぼーっとするだけでも部屋の灯りを消してアロマキャンドルをたいてみるなど、

たった5分だけでも自分と自分の好きなことに向き合える時間があれば

毎日をより快適に過ごすことが出来るはずです。

 

仕事で疲れているときこそ、マイナスな気分で眠りにつくのはもったいないです。

 

「終わり良ければ総て良し」

 

1日の終わりには、自分にとって良いと思えることで

気持ちをリフレッシュ・リセットして

より良い毎日を送りたいですね。

さぁ!日常の始まりです

ゴールデンウィークも終わり、日常が戻ってきました。

朝から元気いっぱいワクワクとした気持ちで出勤、登校した人はどのくらいいるのでしょうか。

そういう気持ちが持てる人はとても尊敬します。

 

 

こうした連休明けはなんだか体や気が重たく感じること、ありませんか?

 

体や気が重たくなる原因が、「家族や愛する人と過ごす時間が減るから」

という理由だったら素敵に感じてしまいます。

 

でもやはりほとんどが”仕事”の捉え方によるものだと思います。

 

以前の投稿でも話しましたが、仕事=喜ばれるもの!

 

誰の喜びに繋がっているのかすぐにわからなかったとしても、

今やっている仕事は誰かの喜びに通じると信じて、

これからの日常を明るく過ごしましょう!

 

いってらっしゃい!

いってきます!

 

笑顔で終われる1日になりますように。

ゴールデンウィークです

今年もゴールデンウィークがやってきました。

まずは、仕事に家事に忙しかった毎日に、お疲れ様です。

 

このゴールデンウィークはどう過ごしますか?

 

ニュースで流れる様に、海外旅行でしょうか。

里帰りでしょうか。

おうちでのんびりするのも良いですね。

 

このゴールデンウィーク、新年度が始まっての疲れを取りつつ、

ぜひ理想のライフスタイルの疑似体験をしてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、行きたいところに自由に行っておいしいものを自由に食べられるライフスタイルが理想なら、

どこか行きたいところへ旅行に行ってみて、普段は我慢してしまうような高価な食事だったりを楽しんでみる

というような感じに。

 

数日間の疑似体験でも、なぜ自分がそれを理想のライフスタイルだと思っているのか

改めて実感できると思います。

または、思ったよりも心が動かなかったとしたら、また新たなライフスタイルを

探してみるきっかけになると思います。

 

理想のライフスタイルは、柳田厚志さんのように絶対に揺らがないもの、とは限らないと思います。

いろんな経験をしていろんな出会いをして、自分の中の価値観や常識はどんどん変化していくと思います。

それに合わせて理想のライフスタイルだって形を変えていいと思うのです。

 

大切なことはいつだって「自分が幸せだと感じられること」です。

幸せを感じていると人は自然と笑顔になると思います。

笑顔とまでいかなくても、表情や雰囲気が柔らかくなると思います。

そうした状況は、周りにも伝染します。

 

家族を幸せにするためには自分自身も幸せであること、

だって自分だって家族の一員ですからね。

 

まとまった時間の取れるゴールデンウィーク、

ぜひ理想のライフスタイルを疑似体験してみてください。

 

(旅行など料金が高くなるのがつらいところですが…)

 

 

 

 

仕事とは

ほとんどの人が高校卒業後や大学卒業後に「就職」をすると思います。

今月から新年度となり、社会人デビューをした人もいることでしょう。

 

入社してそろそろ1ヵ月ですが、ネットニュースで、

「既に辞めたい」とか「既に退職した」というような声が多い

というのを目にしました。

 

学生の時とは違って社会人は自分の自由にならないことが多いと思います。

毎日満員電車に乗って夜は残業が続き…

という生活に嫌気がさしてしまったかもしれません。

 

今の時代、会社に対しては「安定性」や「将来性」、「給料・待遇の良さ」などが重視されているそうです。

そうした企業を選んで就活していても、実際に働き始めてすぐに辞めてしまう人もいるのだとか。

仕事を選ぶ上で「魅力的な仕事内容」かどうかについては、

年々ポイントが下がっているとも書かれていました。

 

確かに働いてお金を稼ぐことは容易なことではありません。

自分の思うようにはできず、頭を下げてばっかりかもしれません。

そんな毎日の繰り返しでは、

「仕事 = 嫌なこと」

と思ってしまうかもしれませんね。

 

でも、大切なことを忘れてはいけません。

本来、「仕事 = 喜ばれること」なのです。

人に喜んでもらえるような価値のあるモノを提供をして、その対価をもらうこと、それが仕事のおもしろいところです。

 

柳田厚志さんが何かをプロデュースする際は、必ず喜んでもらえることを考えています。

ツイッターでも、こんなつぶやきがありました。

 

・サラリーマンにとって、一番に貢献すべきは給料をくれる社長です。
・会社そのものに貢献し、会社からも「コイツには辞めてもらいたくない」という存在になることが不可欠です。
・自分のお世話になっている会社の社長すら満足させられず、同僚からの支持も得られなくて、どうして起業してやっていけるのでしょう。
・仕事は呼ばれるもの。だから、今いる場所で、スーパー貢献する。

 

どの言葉もぐっとくるものがあります。

もちろん、本当に嫌で心身ともにキツイと感じるならば辞めてしまっていいと思います。

でも、新社会人でも、勤続10年以上でも、

「仕事 = 嫌なこと」

というマイナスな意識を変えることで何かが変わるかもしれません。

起業するつもりがなかったとしても、今いる場所で、辞められては困る存在になりたい、なってほしいと思います。

 

人生で多くの時間を割かれることが、ただ嫌なこと、と分類されるのは寂しすぎるので。

 

 

 

 

 

 

自分の心の声に従うこと

最近公開されたディズニー映画、「モアナと伝説の海」はご覧になりましたか?

家族のリクエストで、この前劇場で観てきました。

 

観終わっての感想は、とてもよかった!の一言です。

もしまだ観ていないのなら、劇場に足を運ぶことをお勧めします。

 

私は事前情報として、この作品のテーマについてあるテレビ番組で見ていました。

 

ざっくり要約すると、「周りからどんなことを言われても、自分の心の声に耳を傾け、従うことを恐れてはいけない」

というような内容だったと思います。

 

 

今まで生きてきた中で、本当はこれがしたい!というものを持っていても、

家族や自分に近い人物に反対されて諦めた経験はないでしょうか。

特に未成年のうちなどは、そういう経験をすることが多いと思います。

 

家族や自分に近い人物は、より安全で確かな道に進んで欲しいと願い、

リスクや不安から遠ざけようとします。

自分のことを大切に思うが故だと分かるため、自分の心の声に従うことを躊躇してしまうのです。

 

もちろん家族や自分に近い人物の意見は大切でしょう。

自分より長く生きている分、人生についても違う視点から意見できる場合もあります。

 

しかし、自分の人生は誰のためにあるのでしょうか。

家族の言うがままに生きて、自分が本当に幸せだと思えるでしょうか。

答えはNo、だと思います。

 

どこかで大きな後悔をしないように、

周りの意見をききいれながら、それと同時にいつでも自分の心の声に耳を傾けましょう。

そして時にはその声に従うことを恐れてはいけません。

島を出て海へ飛び出したモアナのように。

 

家族や自分に近い人物は、たとえ彼らの意見の通りに生きなくても、

自分自身が幸せだと感じて笑顔でいたら、

案外そんな道もあるよね、と受け入れて応援してくれるものです。

 

大切なのは、自分が幸せだと思えること。

自分が幸せだと、周りも幸せにすることができるということを忘れないで欲しいと思います。

 

エレファントシンドローム

理想のライフスタイルを手に入れようとするときに、時には邪魔をしてくる心理があります。

それを「エレファントシンドローム」といいます。

サーカスの象は、こどもの時に鎖を付けて杭に繋がれます。
逃げ出そうと必死になっても、こどもの力では杭も鎖も外すことができません。
頭のいい象は、だんだんと抵抗することが無駄だということを学習します。
そして、大人になってからも、本当は簡単に外すことができる杭におとなしく繋がれたまま抵抗をしなくなるのです。
この心理的状態をエレファントシンドロームといいます。

 

サーカスの象のように、学習した結果がマイナスに働いてしまって

なにか行動を起こす前に「自分には無理だ、出来ない」と結果を勝手に想像して

否定的になってしまうことはよくあると思います。

こうした思い込みによる意識の壁が、自分の可能性を狭めることになるのです。

人は無意識のうちにこうした壁を作り上げてしまうので、

壁の存在に気づき、自分で自分に制限をかけてしまわないようにすることが大切です。

無理だと思っていたことが、やってみたら意外とできてしまった経験は

誰にだってあると思います。

 

ではどうして無理だと思ってしまうかというと、過去の失敗が原因になっていることがほとんどだと思います。

過去の失敗による恐れや自信のなさが行動を制限してしまうのです。

 

しかし、成功している人は「失敗」のことをただのプロセスとしか思っていません。

むしろ失敗により多くを学べると歓迎している部分もあります。

失敗 = 成功の反対側

とは思っていません。

成功の反対にあるのは、「何もしないこと」なのです。

 

限りある人生で、失敗を恐れ何も行動を起こさないでいては

理想のライフスタイルから遠ざかってしまいます。

 

自分がサーカスの象になっていないか見つめなおし、心に繋がれた杭と鎖を取っ払いましょう。