予祝

最近は暑い日が続いていますね。

梅雨を通り越してもう夏が来てしまったのか、というくらい暑いので

夏本番前にバテ気味です。

 

疲れは早めにリセットして、気力体力をしっかり蓄えたいですね。

 

今日は、以前紹介した株式会社チアーズのスタッフの方が更新しているブログ、

「柳田厚志 直伝・ライフスタイルダイアリー」

で取り上げられていた「予祝」について書きたいと思います。

 

「予祝」

ってなんだか聞きなれない言葉な気がしますよね。

でもこれは日本に昔からある考え方で、

「秋の豊作を願って春にお祝いをする」というものです。

これが現代まで続く「お花見」の由来なんだそうです。

 

どうして先にお祝いをするのか、というと、

先にお祝いをすることで、その願いや夢が叶いやすくなると言われているからです。

 

もうセカフザを読んだことがある方は分かると思いますが、

実はこの「予祝」については、柳田厚志さん・ひすいこたろうさん・菅野一勢さん共著の

「世界一ふざけた夢の叶え方」

でも書かれています。

 

この「予祝」からの学ぶことは、「結果、最終地点、理想」というものを明確にすることなんです。

 

最終的にどうありたいのかがあいまいだと、

何をどうすればいいのか、道に迷ってしまいます。

 

しかし、目指すところがあれば、そこへ向かって進むことが出来ます。

そこへの道順は、その時々で臨機応変に変わるかもしれないけれど、

目標地点さえ見失わなければ必ずそこに行きつくことができます。

 

 

新社会人など、新しい環境に入ったばかりの人は特に

”今”をこなすだけで精一杯になりがちですが、

5年後10年後自分はどうありたいのかをしっかり考えると、

”今”の過ごし方も少し変わってくるかもしれません。

 

どうありたいかが明確になったら、

ぜひ近しい人を集めて、もうそうなった体で思いっきりお祝いをしましょう。

 

きっと叶いやすくなるはずです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です