世界一ふざけた夢の叶え方

略称、「セカフザ」。

「世界一ふざけた夢の叶え方」というのは、
ベストセラー作家の夢を叶えた「ひすいこうたろう」さんと、
年収1億という夢を叶えた「菅野一勢」さんと、
サーフィンをしながら自由に仕事をする夢を叶えた「柳田厚志」さんの3人が著者となって、
「世界一カンタン」で「世界一楽しい」夢の叶え方をつづった本のことです。

 

この3人が夢を叶える前はどんな姿だったか想像できますか?

ひすいこうたろうさんは、赤面症の営業職サラリーマン。
菅野一勢さんは、”フロムA”を眺めるプータロー。
柳田厚志さんは、出版社で勤務する平社員。

そんなどこにでもいるような「普通」の人だった3人が、
たったの1年で豹変します。

ひすいこうたろうさんは「3秒でハッピーになる名言セラピー」という本がベストセラーになり、
菅野一勢さんはほんとうに100億稼ぎ、
柳田厚志さんは勤務先の出版社の新設部署の売り上げを10倍の3億円に引き上げ、史上最年少で部長に就任。

もちろんこの3人の成功はこれで終わりではありません。

ひすいこうたろうさんはシリーズで60万部を超えるベストセラーに、
菅野一勢さんは100億円企業のオーナーとなり、今はシンガポールに移住し子育てセミリタイアを満喫中、
そして柳田厚志さんは、敏腕プロデューサーとしてネット界の影の仕掛け人になり、湘南の海まで数分の立地に一軒家を購入し、波がある日はいつでもサーフィンが出来るライフスタイルを手に入れました。

 

「世界一ふざけた夢の叶え方」

この本には、よくある成功本やノウハウ本とは大きく違う点があります。
それは、「一人ではないこと」です。

彼らが教えてくれるのは、「仲間」の大切さです。

本のプロローグ部分に、こんな言葉があります。

「一人で夢を叶えようとしたら、10年かかるかもしれない。
でも、仲間とともに進めば、10年を1年で行ける!」

実際に彼らが1年で夢を叶える事ができたのは、短所を補い合い長所を活かし合える仲間がいたからです。

どんなに無謀と思えるような夢でも、子供の頃のように純粋にワクワクとした気持ちで語り合い、励まし合える「仲間」がいれば、
その夢はほとんど叶うんだと、この本を読むと思えてきます。

 

私の友人も、幼いころに語っていた夢を実際に叶えています。
この本を読む前は、ただその友人が強い意志を持っていたのだなとしか思えなかったけれど、
きっとそれだけではなく周りには一緒に夢を語り高め合える仲間がいたから
ブレることなく意思を貫くことが出来たんだな、と
その周りの環境にまで考えが及ぶようになりました。

 

年齢を重ねるごとにいろんなものに流されて、飲み込んで、
夢を語ることが恥ずかしく思えてしまうけれど、
夢を語ることは忘れたくないなと改めて気付かされます。
そして可能性が大いにあるという事も。

 

今、周りに夢を語れる誰かがいるとしたら、
人生においての最高の「財産」を持っていると自信を持ってください。

また、自分の中にくすぶっている何かがある人も、
世界一ふざけた夢の叶え方」を読んで、ワクワク感を共有しましょう。

すごく読みやすい本なので、活字が苦手な人でも文章に引き込まれると思います!

柳田厚志、サーフィンと出会う

柳田厚志、サーフィンに出会う

柳田厚志さんを紹介するうえで必ず出てくるもの、
それは「サーフィン」です。

柳田厚志さんも、自身のプロフィールを紹介する際に
「プロデューサー」と一緒に「フリーサーファー」というくらい、
柳田厚志さんとサーフィンは切っても切れない関係です。

実は柳田厚志さんは高校生までプロ野球選手を目指していた野球少年でした。
その頃はまだサーフィンの魅力には憑りつかれていなかったのですね。

大学卒業後に、ラフティングという小型のボートに乗って川下りをするレジャースポーツのプロガイドを夢見てオーストラリアへ行った際に、
ラフティングではなくてサーフィンに出会ったのがそもそもの始まりでした。

サーフィンの魅力にどっぷりハマった柳田厚志さんは、サーファーの隠れた聖地であるオーストラリアの最東端の小さな町、「バイロンベイ」へ訪れます。
そこで毎日朝晩サーフィン漬けの日々を送った柳田厚志さんは、

「絶対にこのライフスタイルを手に入れる!」

と心に誓って、1年間のサーフィン三昧のオーストラリアでの生活を終えました。

 

その後の柳田厚志さんの活躍は「敏腕プロデューサー、柳田厚志」という記事でも紹介の通りですが、柳田厚志さんがビジネスをするうえで掲げているのが

「毎日サーフィンしながら自由に働き、おもろいビジネスで社会を変える!」

というビジョンです。

柳田厚志さんは、仕事だけ、お金だけ、趣味だけしかないような生き方ではなく、日常生活の質を高めることをライフスタイルとして大切にしています。

 

株式会社cheers(チアーズ)のホームページで、柳田厚志さんはこう述べています。

「仕事を通じて社会に貢献することは当然だと考えていましたし、プライベートもやりたい事は妥協しないでやりたいと思っていました。」

世の中で、ネットビジネスなどで成功している人には「お金さえ稼げればそれでいい」というような印象を受けるやり方を取っている人もたくさんいます。
※個人的な見解ですが。

私自身を含めたいていの人が仕事と趣味と、で天秤にかけたとき、そのバランスのとり方にとても悩むと思いますが、柳田厚志さんの場合は、どちらも妥協なんかしないかなり強気な姿勢です。
そしてそれをきちんと実現させているところが、努力の結果だと想像できます。

 

自分にとって最高のライフスタイルを考える際、選択肢の中で妥協しながらバランスを取る必要なんてないのだと、柳田厚志さんとの出会いで学びました。

もっと貪欲になっていい、これはすべての人に言えるメッセージかなと思いました。

敏腕プロデューサー、柳田厚志

柳田厚志さんがどんなお仕事をされているかというと、「敏腕プロデューサー」と答えるのが一番しっくりきます。

プロデューサー、というお仕事は、映像作品・音楽作品・広告作品など、制作活動の予算を調達したり、その管理をしたり、携わるスタッフの人事などをつかさどる、制作全体を統括するお仕事です。

柳田厚志さんは、主に各界のプロフェッショナルをプロデュースすることを得意としており、オンラインコンテンツやセミナー、イベントなどを通じて世間に紹介をしています。

例として挙げると、セミナー講師の箱田忠昭先生や、ランチェスター戦略(経営戦略)の竹田陽一先生など、その道で超一流の先生のセミナーや教材を企画し、それをことごとく成功させてきました。

また、セラピストという立場から、コールドリーディングを日本に広めた石井裕之先生の5,000人セミナー(!)を満員に導いたり、1万人以上が参加している目標達成プログラム「ダイナマイトモチベーション」の企画、集客、販売を成功させています。

5,000人や1万人など、一人の人が集めようと思ってもなかなか集まらない数だと思います。
そんなものすごい数の人の心を動かし、そして行動させてしまうところが、柳田厚志さんのプロデュース力がいかに長けているかの証明となりますね。

 

こうした成功は、現在の株式会社cheers(チアーズ)を設立する以前の業績です。
株式会社cheers(チアーズ)は2008年の春に設立され、そこでもプロジェクトを企画するところから制作、マーケティング、販売、サポートまでを緻密に設計し、売り上げ・品質・お客様満足度・そしてユニークさのすべてをベストの状態で実現させる名プロデューサーとして柳田厚志さんは活躍されています。

 

株式会社cheers(チアーズ)は”出会いの場”をプロデュースする会社です。

柳田厚志さんやプロデュースした作品に関わった人が幸せなライフスタイルを手に出来るように、という気持ちがビシバシと伝わってくる素敵な会社だと思います。

 

プロフェッショナルの方というのは、なかなか出会う機会もないものですが、柳田厚志さんは、「ヒーローインタビュー」という音声ファイルを作成し、それをなんと無料で、いろんな人に”出会いの場”として提供もしています。

※セラピストやネットビジネスコンサルタントなど、興味深い分野のプロフェッショナルの方のお話が聞きたい方は、「ヒーローインタビュー」の文字をクリックすると、無料ダウンロードが出来るページにリンクしています。

 

今後も”敏腕プロデューサー”柳田厚志さんの手掛ける作品に大いに期待したいですね。

総合プロデュース会社、株式会社チアーズ

柳田厚志さんが代表取締役を務める「株式会社cheers(チアーズ)」は、人、ビジネス、教育、地域社会などのあらゆるものをプロデュースする総合プロデュース会社です。
事業の内容としては、
・プロフェッショナルのプロデュース&マネジメント
・投資・ビジネス・自己啓発等のオンラインスクール企画・運営
・Webマーケティング・ライティングコンサルティング
・セミナー・講演会・トークライブなどの企画・運営
・各種コンテンツの企画・製作・プロモーション
・サプリメントの通販・投資教育スクール・飲食店・コインランドリー
・不動産のプロデュースなど
と多岐にわたっています。
しかし、全ての事業を通じて言えることは、株式会社cheers(チアーズ)との出逢いによって、一人でも多くの人が自分の理想の人生を歩めるような、そんな“きっかけ”を与えているということです。

株式会社cheers(チアーズ)は、柳田厚志さん自身が徹底して追求してきた「日常の生活の質の充実」をとても大切にしています。
学校では教わらないような、「自分の人生を幸せに生きるためのライフスキル」を学べる教育事業のプロジェクトを中心に、個人や法人が成長するお手伝いをするのが、株式会社cheers(チアーズ)のお仕事です。

 

株式会社cheers(チアーズ)のホームページのトップには、「人生は出逢い。」という言葉があります。
一つの出逢いが一人の人生を大きく変えるきっかけになることは多々あります。
例えば、病気で入院した時に優しくしてくれた看護師さんとの出逢いをきっかけに看護師になろうと決心したり、旅行で訪れた街に惹かれて引っ越してきたり、柳田厚志さんのようにサーフィンに出逢ったことでその後の人生で目指すところが決まったり、人やモノとの出逢いには今までの価値観を180度変えてしまうくらいの大きな力があります。

 

「こうなりたい」自分は、すでに「そうなっている」誰かとの出逢いで見つかるものかもしれません。
柳田厚志さんは、本の中や海外に“憧れのライフスタイルを実現させているお手本”を見つけ、自分の可能性やライフスタイルを信じた結果、様々な出逢いをして、「より良い人生を歩むため」に一緒に向上し合える仲間が出来ました。
今ではそんな柳田厚志さん自身が一つのライフスタイルのお手本となっています。

株式会社cheers(チアーズ)では、柳田厚志さんが50万人以上に貢献してきた経験を活かして、その人やモノが持つ、本当の価値や魅力を引き出し、それを必要としている方へ届けられるように、プランニング・マーケティング・セールスまで総合的にサポートまでしてくれます。

出逢いによって大きく変わる人生。

株式会社cheers(チアーズ)に、人生を変える出逢いをプロデュースしてもらえば、「理想の人生」がきっと手に入るでしょう。

公式サイト:株式会社cheers(チアーズ)

柳田厚志から学ぶ最高のライフスタイルの見つけ方

柳田厚志から学ぶ最高の人生の見つけ方

ライフスタイルを辞書で引いてみると、“自分の人生において何に価値を認めどのように生きていくか”というようなことが書かれています。

100人いれば100通りの人生がありますが、自分自身のライフスタイルを明確にし、思い描いたままの人生を歩めたという人は、どちらかと言えば少数派と言えるかもしれません。

いい大学に入って、いい会社に就職し、結婚して、そこそこに出世して定年まで働く・・・
そういう人生こそ“正解”というような風習は今でも残っています。

自分の趣味ややりたいことを我慢して、社会的に決められた枠組みに沿うよう生きていく。

そんな人生も悪くないのかもしれないけれど、本音を言えば、たった一度きりの人生ですから、振り返ったときに、後悔ばかりがあるのではなく、満足感・充実感いっぱいであってほしいものです。

私がライフスタイルについて真剣に考えるようになったのは、思い描いたライフスタイルを実現しているある人物に出逢ってからでした。
(直接的ではなく間接的に、ですが)

ある人物と言うのは、プロデューサーであり、フリーサーファーであり、社会投資家である「柳田厚志さん」という方です。

柳田厚志さんとはどういう人物なのか、それを知ることで、
あなたにとっての「理想のライフスタイル」について考えるきっかけになればいいなと思います。